中古マンションの種類|大阪府,兵庫県,京都府,奈良県の不動産のことなら仲介手数料が無料又は半額の株式会社Good Heart

HOME > 中古マンションの選び方講座 > 物件購入の流れ >  中古マンションの種類

中古マンションの種類

中古マンションとは新築以外のマンションのことを指しますが、最近では「中古マンション」でありながら新築と変わらない物件が数多くあります。

「中古マンション」の種類を具体的に見て行きましょう。

一般的な中古マンション

マイホーム探しのポイント一般的な中古マンションとは、一度以上使用された経歴があるマンションを指します。使用年数、リフォームの有無、利用状態は物件によって大きく異なりますので、間取りや価格、立地条件とともに、物件のコンディションをチェックすることが必要でしょう。

また、中古マンションの最大のメリットはその「価格」であることは明らかですが、基本的な仕様をチェックしないと、思わぬ落とし穴にはまる事があります。
天井の高さ、床の遮音性、電気設備やコンセントの位置、部屋の突き出した梁、柱の位置など、物件の基本スペックを慎重に確認しながら、実際の購入資金や予定住居期間などを踏まえて最終的な結論を出しましょう。

例えば、中古マンションを購入される方で、購入直後にリフォームを想定している方も多くいらっしゃいます。このように、購入後の住居計画をしっかり立てることが大切です。

 

新古マンションとは

マイホーム探しのポイント中古マンションの市場の中には「"新古マンション"」と呼ばれるものが存在します。「新古マンション」とは新築の後、未入居・未使用の状態のまま販売されるマンションです。元所有者から新所有者に所有権が移るだけで、あとは新築同然のマンションが「新古マンション」です。こうした「新古マンション」は新築後、未入居でありながら、中には割安感がある物件もあります。不動産業者は「中古」より「未入居」というフレーズを強調しているのが一般的です。

「新古マンション」が販売される理由

「新築として建てられたが、何らかの理由で入居者がいなかった為に一定の年月が経ってしまった」つまり、新築としての条件が満たせなくなった物件です。
自動車の販売市場においての“新古車″、物販での“新古品”と同じ考え方ですね。
新築を購入予定の方は、「新しければ新しいほど良い」と考えるので、こういった物件が出てくるのです。

   

会員登録はこちら