物件購入の流れ|大阪府,兵庫県,京都府,奈良県の不動産のことなら仲介手数料が無料又は半額の株式会社Good Heart

HOME > 中古物件購入講座(戸建・マンション) > 物件購入の流れ

物件購入の流れ

1.資金計画

資金計画とは具体的にどのくらい掛かるのか見ていきます。

  • 手付金(購入価格の5%〜10%位)
  • 契約書の印紙代(物件価格により異なります。1000万円以下で5千円、5000万円以下で1万円、10,000万円以下で3万円)

【ローンで購入する場合】

  • ローン契約書印紙代(2万円〜)
  • 事務手数料(銀行への手数料です。弊社の事務手数料は頂きません)
  • ローン保証料(借入額の1%から2%)
  • 団体信用生命保険料 (銀行ローンは住宅ローンの支払いに含まれています)
  • 火災保険料(物件、契約内容によります)

【決済や登記】

  • 仲介手数料(売買代金の3%+6万円が一般的) 当社は1.5%+3万円!(いずれも消費税は別、又は無料)
  • 所有権の移転登記等の登記費用
  • 引越し代
  • 不動産取得税(固定資産税評価額の3%)

【その他の準備】
毎月の返済額の収支チェック
・マンションの場合
 管理費、修繕積立金、駐車場代が必要です。
・年間の固定資産税を知っておく。
・今後貸す予定があれば家賃収入などを計算しておく
資産価値を計るための予定がなくても、いくらで貸せるか事前に知っておく

2.物件および不動産業者の検討

最初に基本的な条件を決めておき、比較検討をしやすくしておきましょう。
・情報収集、現地見学等
・信頼できる業者か、仲介手数料やローン手数料の有無等、比較検討いたしましょう。

3.物件の下見

中古物件では、必ず下見に行きましょう。
中古物件選びでは、最低でも3件から4件の物件を回りましょう。

中古物件購入の注意点

4.物件・契約内容、資料計画等の最終確認

管理規約、長期修繕計画の確認?
・重要事項説明書と契約書のコピーをもらって契約前に必ずすべて確認する。

中古物件購入トラブル

5.契約

契約前には重要事項説明を受けますが、あらかじめ質問すべき点を準備しておきましょう。
重要事項説明とは販売業者または媒介業者が、物件の説明をする義務のことです。
(宅地建物取引業法第35条で規定されています)
中古物件の場合には媒介業者が説明をすることになります。
また売買契約及び、手付金の支払い、仲介手数料半金の支払いも、契約時に行うのが一般的です。
また、別に契約書の印紙税がかかります。
印紙税額は、売買価格に応じて定められています。

重要事項説明では主に次の事項を確認します。

  • 物件や敷地に関する権利
  • 法令に基づく制限の概要
  • 契約の解除に関する事項
  • 損害賠償額の予定および違約金に関する事項
  • 手付金等の保全措置
  • ローン特約に関する事項

契約締結後、住宅ローンを組む場合で住宅ローンが受け付けられなかった場合、ローン特約により売買契約を解除することができます。売買契約書のなかに盛り込まれています。

6.登記手続き

決済とは、仲介手数料の支払いや残金を支払って、すべての手続を終了させることを言います。ここで、物件の鍵を受け取ることになります。
ただし、ローン借入や抵当権の登記まで含めて同時に実行されるため煩雑な手続きになります。

7.祝・念願のマイホームへのお引越し

法務局の登記簿に権利関係を記録することで、物件があなたの所有物という保証をしてもらいます。例えば、物件を担保としてローンを借りた場合、抵当権設定登記を行います。

抵当権の設定に関しても記録されていなければ、所有か貸借か関係が分からなくなります。不動産の権利については、登記は非常に大切ですから関係書類(権利証)は大切に保管してください。平成17年3月より権利証に代わって登記識別情報に随時以降されております。

  • 残代金
  • 登記費用支払い
  • 仲介手数料残金の支払い
  • 諸費用の精算
  • 権利証の受領
  • 鍵の引き渡し