中古物件購入の注意点|大阪府,兵庫県,京都府,奈良県の不動産のことなら仲介手数料が無料又は半額の株式会社Good Heart

HOME > 中古物件購入講座 >  中古物件購入の注意点

中古物件購入の注意点

中古物件の購入のメリット

新築の場合は、建設中の場合が多くモデルルームやパンフレットでしかチェックできない場合がありますが、中古物件は実際に物件を見て、管理状態、建物の修繕、状況、設備、日当たり、眺望、音などをチェックできるという大きなメリットがあります。

中古物件は数が豊富

中古物件は、新築物件に比べて割安で物件が豊富なため、選択肢が広がります。あせらず納得いくまで探すことが基本です。

引越し時を想定する

大きな家具類を、住戸に引き込むことが可能かどうかの確認をします。エレベーター、玄関から搬入できるのか、バルコニーから可能なのか、不可能なのか。

メンテナンス(修復費に関して)

新築と比べると、中古物件はメンテナンスに関して気になります。
特に物件自体が古い場合は、ある程度のリフォームを見据えた上での購入も考慮します。
設備の有無に関しては書面上でも確認できますが、最新のものなのか設備交換が必要なものなのかは、実際に見に行かないと分からない部分です。傷やグラツキをチェックして、トラブルを未然に防ぎます。場合によっては購入価格にも影響が出てきますので慎重に確認します。

設備に注目する

使用年数によっては、交換も視野に入れておきましょう

水周りに注目する

台所、洗面、トイレ、浴室の水回りをチェックします。
給排水管等の目に見えない部分は修繕履歴等売主に確認しましょう

リフォームを想定する

リフォームを考える場合は、リフォーム可能なものなのかどうかを確認します。リフォームされた物件も数多く存在するので、希望条件とすり合わせて優先順位を決めましょう。

管理状況のチェック

マンションといえば、管理状況の確認は最重要と言われています。
実際に見学できる「中古物件」の最大のですメリットです。
エレベーターや階段、ゴミ捨て場、エントランスなどの清掃状況を確認します。
掲示板の連絡状況もチェックしましょう。
住人のマナーは自転車置き場やごみ置き場である程度は確認できます。

駐車場・駐輪場に注目する

車や自転車などを利用する予定の方は、空状況や毎月の費用等を事前にをチェックします。

   

 

会員登録はこちら